家を売る際に損しないために知っておきたい事

持っている不動産を売りたいけど、できるだけ高く売るには?ある程度の知識が必要になります。 - 自分の家の査定額を上げるなら次の人も考えよう

自分の家の査定額を上げるなら次の人も考えよう

家を売却しようと思ったら、不動産屋さんに家の査定をしてもらう必要があります。
ここでいい印象を不動産屋さんに与えられれば、普段よりも高額な査定をしてもらえるかもしれません。

たばこのシミや脂はNG

不動産屋さんがチェックするポイントとしてはまず「その家に喫煙者がいるか」という点をチェックします。
実は喫煙者がいるだけでも査定を下げてしまう不動産屋さんがいらっしゃいます。
というのも、たばこによって家の中がシミや脂、においで染みついてしまっている可能性があるからです。
壁紙だけならまだしも、柱や畳にまで染みつくと簡単には落とせないため査定を下げざるを得ないのです。

生活でついてしまうような傷はそれほどでもない

よく不動産の査定で話題になる家の傷ですが、日常生活を送っていれば当たり前についてしまうような傷は査定に悪い影響を及ぼすというものではありません。
だいたいそういう点で査定をいちいち下げていたら、今頃日本中の家は査定額0になってしまうでしょう。
もちろん大きな傷は減額対象になるものの、普通の傷まで気を遣う必要はありません。

汚れは落としておこう

出来ることならば、不動産屋さんを招く前にちゃんと家の中を掃除しておきたいものです。
長年使っていて「これはおちないかも」と思っているようなシミでも、案外掃除をしてみると簡単に落ちてしまうと言うことはよくあるからです。
たったこれだけの手間で査定額が上がるならばうれしいものですね。

あなたの家を次の人が使えるように

不動産屋さんは「あなたの家を次の人に売却して、その人が満足してくれるか」という水準で査定を行っています。
だからこそあなたも、査定額を上げたいならば次の人が使えるようにすればいいのですよ。

関連する記事

Copyright(C)2016 家を売る際に損しないために知っておきたい事 All Rights Reserved.