家を売る際に損しないために知っておきたい事

持っている不動産を売りたいけど、できるだけ高く売るには?ある程度の知識が必要になります。 - 簡単な工夫から始められる!空き家を長持ちさせるこつ

簡単な工夫から始められる!空き家を長持ちさせるこつ

「不動産の売買から賃貸まですべてをお任せください」といった不動産屋さんの広告を目にすると「そろそろ私の家も売却しようかな」なんて思われる方は多いのではないでしょうか。
特に引っ越しをすることが多く、一応家はあるけれどそれほど使っていないという人にとってみたら家を持っておく必要性は低いといえます。

常にきれいにしておこう

当然家を売却したいと思ったら、査定を受けなければなりません。
このときに「とても汚い家」だったら不動産屋さんはどのようにして査定するのでしょうか。
少なくとも「これをお客様に売るためには、自分たちで掃除をしなければ」ということでクリーニング費用を計算し査定額から差し引くことでしょう。

水道を止めるとかガスを止める

手っ取り早く出来るのは、インフラ関連をきちんとすべて止めておくことです。
忘れられがちなのですが、やっておかないと後々水漏れが起きてるとか面倒なことになりかねません。

定期的に家に戻る

また、出来るだけ家には定期的に戻りましょう。
たいてい、家を空けている期間というのは雨戸を閉めっぱなしで扉も閉めっぱなしです。
それ故空気の循環がなされず、家の中には今までの空気が充満しています。
これをそのまま放置してしまうと、家というのはすぐに痛んでしまうのです。
傷んでしまった家では、高額査定を期待できませんし長年放置しておくと家が崩壊する危険もあります。
空気の循環を忘れずに行ってくださいね。

それだけでも家は長く持つ

こうした点を気をつけるだけでも、空き家になっている家は長く持ちますし売却しようと思ったらすぐに売却できるだけの状態にまで維持できます。
家を大切にするというのは、簡単な工夫から始められるのです。

関連する記事

Copyright(C)2016 家を売る際に損しないために知っておきたい事 All Rights Reserved.