家を売る際に損しないために知っておきたい事

持っている不動産を売りたいけど、できるだけ高く売るには?ある程度の知識が必要になります。 - 査定額を気にする前にまずは不動産業者の安全性を確かめよう

査定額を気にする前にまずは不動産業者の安全性を確かめよう

大きなお金が動く不動産の売買では、不動産屋さんの信用がなければ成立しません。
一体いつになったらお金を振り込んでくれるのか分からず、またそもそも査定が適切であったかどうかも分からないような不動産屋さんでは信頼など出来ません。

宅建士がいる不動産屋さんを選ぶ

不動産業者は少し前まで、怖いお兄さんが闊歩している業界でした。
何の罪もないまっとうな市民が、不動産の売買というとても大切な場面で損を被ると言うことが十分にあり得たのです。
そこで国は「宅建士」という資格を作り、普通の人たちが安心して不動産の売買を行うことが出来るように法整備を行っています。
不動産屋さんを選ぶときにはまず、宅建士がいるかどうかをチェックしましょう。

大手の名の通った不動産屋さんを選ぶ

また、小さい個人でやっているような不動産屋さんではなく大手の名の通った不動産屋さんを選ぶのも効果的です。
もちろん大手の中には、法人しか相手にしていないという所もありますが個人相手の仕事をしているところもあります。
彼らは大手企業の名前を冠にしている以上、あまりおかしなことが出来ないというプレッシャーを持ちながら仕事をしているため安心できるのです。

親戚とか友人関係での紹介はNG

時として「あの不動産屋さんがいいよ」と親戚や友人から紹介されることがあります。
しかしこうしたところからの紹介はやめておきましょう。
なぜなら、何かしらの裏があって紹介しているかもしれないからです。

査定云々の前に

家を売るという大切な場面では査定額を気にするよりもまずは、安心して取引できるかを考えましょう。
誰かに不動産屋さんの紹介をお願いするのではなく、自分の目や耳で確かめたところを選ぶのが肝心です。

関連する記事

Copyright(C)2016 家を売る際に損しないために知っておきたい事 All Rights Reserved.