家を売る際に損しないために知っておきたい事

持っている不動産を売りたいけど、できるだけ高く売るには?ある程度の知識が必要になります。 - たくさんの書類が必要になる不動産の査定

たくさんの書類が必要になる不動産の査定

自宅を売却するに当たり、不動産屋さんの査定を受けなければなりません。
こんな時に何か手違いがあっては大変なことです。
「あなたが資料を提出してくれなかったから、誤った査定をしてしまった」と言うこともあり得るからです。

必要な資料って一体何?

査定に必要な資料としてあげられるのは、住宅の登記簿や土地の権利証等です。
こうした書類は、不動産屋さんが持っているわけではないためあらかじめ家主に用意してもらわなければなりません。
なぜ登記簿や権利証が必要なのかといったら、「家にまつわる詳しい情報がたくさん書いてあるから」です。

分からなくても不動産屋さんが持っていることも多い

査定をしていると不動産屋さんは、査定に大きく影響する資料が欲しいと思うことがあります。
例えば都市計画に関する資料とか、近くの電波や電線の状況などです。
しかしこんな資料は普通私たちは持っていません。
ですから、そうした資料までわざわざ用意しておく必要などは無く不動産屋さんにお任せしておけばOKです。

あるに越したことはない

登記簿や権利証といった書類は例えなかったとしても、不動産屋さんで調べることは可能な書類です。
とはいっても、家を建てたというのにこうした書類をなくす人は聞いたことがありませんから普通は用意できるでしょう。
また都市計画に関する資料などは、もしもあなたの住宅の近辺がそうした計画の対象になっているようであれば用意してあげると親切です。

法律がたくさん絡んでくる

必要書類を閲覧することは不動産の売買では欠かせないことです。
私たちは日頃何気なく家に住んでいますが、家には私たちが想像しないくらいたくさんの法律によって縛りが欠けられているのですよ。

関連する記事

Copyright(C)2016 家を売る際に損しないために知っておきたい事 All Rights Reserved.