家を売る際に損しないために知っておきたい事

持っている不動産を売りたいけど、できるだけ高く売るには?ある程度の知識が必要になります。 - 家を売る際に損しないために知っておきたい事

家を売る際に損しないために知っておきたい事

yufkuyfkuf
日本にはたくさんの家が建っています。
昔はあちこちに空き地があったものですが、今ではその空き地がなくなってしまいたくさんの家が建ち並ぶようになりました。
また、家だけでは飽き足らず超高層マンションと呼ばれるような昔の長屋を彷彿とさせる大きな建物まで出来てしまったのです。

どうして日本人はそんなに家ばかり建てるのか

そもそも、日本人は空き地を食いつぶし天高く青い空の中にまで住むようになってしまったのでしょう。
簡単に言えば「日本人は家が好きだから」です。
大日本帝国憲法下の日本では「家長制度」が採用され、家族と言いますか家という単位で人々を扱っていました。
家を象徴するのはまさに家、立派な家を建てることがその人のステータスだったのです。

住むところが足りていないわけではない

戦後、家長制度は撤廃され個人として皆が自由に生きられるようになりましたが今度は家が戦争で焼けてしまい住むところが足りていませんでした。
とりあえず住むところがなければ、人間は安心して生きられませんからたくさんの家が建設されるようになったのです。
住宅建設が進むことにより、日本から住むところが足りないという状況は改善されました。
ところが、「そろそろ家を建て替える」という需要が多くなり「別荘みたいな家が欲しい」という需要も出てくると「家だらけ」という今の日本ができあがってしまったのです。

賢く売却することで財産になる

皆さんも今、何かしらの家に住んでらっしゃることと思いますがそれが自分の持ち物であれば「売却することでお金を得る」ことが可能です。
実は今、日本の中古住宅市場が徐々に成長してきており取引もしやすい環境が整備されているのです。
不動産の売却に当たってはいろいろな査定が必要になりますが、賢く売却すればお金になりますよ。

家は売れないものではない

「家なんてバブルが終わってから売れなくなったのではないか」と思われがちですが、そんなことはありません。
新しく家を建てる余裕がない今の住宅事情において、中古住宅を購入するということは多くの人にとって新しい家を手に入れる一つの選択肢になっているのです。
確かに昔に比べたら不動産の相場は下がってしまい、査定も厳しくなりましたが売却できないというものではありません。

住む人がいなくなった家はつぶれやすい

最近、住む人がいない「空き家」が日本中に存在しその対応が緊急に求められています。
住む人がいなくなった家というのはすぐにつぶれやすく、周りに迷惑をかけかねません。
もしもあなたが、「いらない家を持っている」というならばさっさと査定を受けて売却してしまった方がよいでしょう。

周りに迷惑をかける前にもね

これから家の売却の際、どういう点が査定で考慮されるのかと言うことについてお教えしていきたいと思います。
案外、査定でチェックされるポイントを一つ一つチェックしていけば今の状態で家を売却するよりも遙かに高い値段で売却できる可能性が高まります。
なんと言っても不動産の売却価額は何百万円から何千万円ですから、何か小さなものを売却するときの査定とは大きな違いです。
一つ一つのチェックポイントを満たし、不動産屋さんが「これはいいですね」という印象を持ってもらえれば数十万円単位でどんどん査定価額が上がっていきます。
こうしたことを積み重ねていけば、自分でも思っていなかったくらいの値段で売ることが出来ますから皆さんも是非確かめてみてくださいね。
不動産を売る人向けの一括見積りサイト|不動産売却査定君

Copyright(C)2016 家を売る際に損しないために知っておきたい事 All Rights Reserved.